温泉宿情報

温泉って何!?

皆さん、温泉の正しい定義ってご存知ですか!? 地下から湧き出るお湯?色んな効能がある?透明や色付き? 今回は意外と知らない温泉の正しい定義についてご説明します! 温泉とは「温泉法」で定められた以下の文に該当...
泉質

泉質・・?

温泉には様々な物質が含まれている事は前回ご説明しました。 それらの物質が温泉1kgあたりどれぐらい溶け込んでいるかによってきまるのが、今回お話する「泉質」と言うものです。 字のごとく泉の質ですね! この泉質、掲示用...
泉質

単純温泉

温泉1kgあたりの溶存物質の含有量が1,000mg未満の温泉。 溶解物質の含有量が少ないので刺激が少なくお肌に優し〜い温泉です。 一般的に無色透明無味無臭。 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、...
泉質

二酸化炭素泉

温泉1kgあたり遊離炭酸(水中に溶けている炭酸ガス)が1,000mg以上含んでいる温泉。 入浴すると全身に炭酸の泡がつく日本でも珍しい泉質。 高温だと炭酸が気化してしまうのでぬるめのお湯が多い様です。 効能:神経痛...
泉質

炭酸水素塩泉

温泉中1kgあたり溶存物質量が1,000mg含まれ、炭酸水素塩を含む化合物を主成分とした温泉。 浴後清涼感があり、肌を滑らかにする効果もあることから、「清涼の湯」「美肌の湯」との別名もあります。 効能:神経痛、筋肉痛、関...
泉質

塩化物泉

温泉1kg中に溶存成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩化物イオンのもの。 主に塩化ナトリウム(食塩)で温泉の中に存在し、海水の成分に似ており日本では比較的多い泉質。 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運...
泉質

硫酸塩泉

温泉1kg中に溶存成分が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのもの。 含有成分により、「カルシウム硫酸塩泉」「ナトリウム硫酸塩泉」「マグネシウム硫酸塩泉」の3つに分かれます。 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛...
タイトルとURLをコピーしました